カラスの見分け方

クチバシと額の形が決め手です。 


種類
ハシブトガラス
ハシボソガラス
ミヤマガラス
くちばし

ひたい

 
 くちばしの太さから、違いが分かります。ハシブトガラスの額のラインが特徴的です。     くちばしが鋭く、付け根は灰色
大きさ やや大きめ   ハシブトガラスより少し小さめ  ハシボソガラスよりやや小さめ
体の色 やや光沢があり光線の関係で緑がかって
見えることもあります。
黒一色。まさにカラス色  
鳴き方 鳴き声はカーカーやアーアーが多い   鳴くときに頭を上下に動かし、お辞儀をするように見えます。鳴き声はガーガー  小さな声でカルルルルと鳴く
住みか 市街地に多く見られます。 田畑、近郊の森林などに多く見られます。  冬に集団で農耕地などに渡来



その他のカラスの仲間

 ホシガラス  コクマルガラス  オナガ
     
 カケス  カササギ   
  (写真がありません) 
ミヤマカケス 
 (写真がありません)
ルリカケス
(写真がありません)